読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想も幻覚も無い統合失調症だ。文句あるか。

統合失調症にも色々な人がいるんすよ。

彼女、今入院中なんですよ。メンタルで。

今週のお題「恋バナ」

今週のお題じゃねーよ。コイバナじゃねーよ。なにぶっこんできてんだよ。重い話を、おいこら。

こういうときに、コメント欄閉ざしてると楽ですね。(๑´ڡ`๑)

挨拶完了。

 

で、まあ。入院中なんです。

本人から電話で軽く言われただけなのでいまいち詳細がどうなっているのか知らないのですが、とにかくそうらしいです。

LINEも電話も通じません。音信不通。

退院の日もいまいち不明。

 

んまあ、心配ですね。

 

軽く説明しとくと、ぼくも彼女も統合失調症

ぼくは陰性症状だけで、彼女は幻聴や妄想もひどいらしい。

常に何かしらの声がずっと聞こえているみたいです。

 

改めて書いてみると不思議なものです。

メンタルで、同じ病名でも、ぼくにはどんな症状か全く想像つきません。

共有してないんです。つらさを。

 

ぼくはこんな感じの文章を書きますが、まあ彼女のブログを見せてもらったら、まあユニークというか、ぐっちゃぐっちゃなんですね。

わかりやすく言えば、「言葉のサラダ」ってやつです。

(ゆうきゆうさんのマンガ解説もリンクしておきます。)

yucl.net

 

ぼくは言葉のサラダにはなっていないですかね?ですね。

しかし思い返せば、小さい頃は言葉のサラダみたいなことを言っていました。

発症前の小さな頃、小学生ぐらいの頃になりますが。

当時のぼくの文章は、説明が1つ2つ飛んでたように記憶しています。

 

彼女と話すときは、言葉のサラダに加え、話しかけても幻聴や妄想の声が聞こえて、反応が鈍いです。

2度3度、同じことを何度も言ってあげるのはデフォルトですね。

 

正直、退院してきたらそのへんが少しでも軽くなって欲しいと思ったりします。多少の罪悪感を感じながら。

んでもまあ、前と同じであっても、びっくりしないで仲良く付き合えると思ってます。

 

「恋」って歌あるじゃないですか。

ああいえ、星野源じゃないです。松山千春

男はいつも待たせるだけで、女はいつも待ちくたびれて。

っていう。

いつも待たせる側だったんですけど、今回はじめてぼくが待つ側になったんですよね。今回の入院で。

今、すごく彼女のことが愛おしいです。不思議と。

それでも、恋は、恋。